読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腰痛に悩む人のための腰痛セルフケアアドバイザー城井のブログ@鹿児島

自分の腰痛解消のために学んだ試したアレコレ備忘録。

35年も経ってきづいた臨死体験から学んだこと。

『僕の本体は、魂だった』

  

これが35年も経ってきづいた

僕の臨死体験からの学んだことです。

 

 

 3月に書いた↓ 下のブログで気付いた35年前の記憶からの続きです。

 やっとわかったこれ、

書くのを躊躇っていました。

 

だって、変な人ランキング、

上がってしまいそうー。

世間的に。

ご近所づきあいもあるからー。

 

でも書いてしまおう。

 

違うよって、いわれるかもしれない。

 

もし、違ったとしてもいいのだ。

 

この気づきから、

僕は、行動的になれたのだから。

 

その結果、自分のことをどんどん好きになれているし、

なんだか、良い循環の中に身を委ねている感覚です。

 

だから、皆さんになんとか伝えたい。

 

『僕たちの、本体は 魂でした』

 

そんなの知っているよね。

聞いたことある。

 

でも、

”知っている”

のと、

”実感がある”

では、やっぱり違うんです。

 

で、この気づきを踏まえて

どんな思考になっていったかというと

 

 

その1

錬堂師匠がいつも言ってる

『身体は、この世界での借り物』

 

まずは、この言葉が重みを増してきます。

そりゃそうだよね。

一気に腑に落ちちゃった感じ。

 

「自分のものでなく、借り物なんだから、

キチンと手入れして目いっぱい使えるようにしておかないといけない。」

 

僕たちは、いつも言われてます。

めいっぱいつかってこそ、大切にしたということ。 

 

その2

本体は、魂。

である以上、

『魂を喜ばすような行動をしていくのがいい』

 

だって、肉体的に死んでも、

魂なのか意識なのか、わからんけど、

 続きあるから。

 

魂喜ぶことしておかないと、

後悔することになるかもしれんから。

 

魂になってから後悔しても、

当たり前だけど、

肉体あるときの行動は取れないからね。

 

ホントに当たり前なんだけど。

 

だから、生きてるうちに、

照れてないで、

 

好きな人には好きだと伝え、

 

話してみたい人には、話しかけよう

 

話したいのに、

人見知りなんてそんな暇ないよ。

 

近くに寄っていったり、

やってみたいことはした方がいいし

良いことなら、どんどんやる。

 

その上で恥ずかしい思いしたっていい。

 

その経験こそが、魂が求めてること。

 

恥ずかしがってる場合じゃないんだよね。

 

生きてる時しか、経験値あげられない。

 

だって、死んだら話せなし、

いつ死んじゃうかわからないんだから。

 

書いててホント当たり前のような、

ちょっと、仏教かなにかのような

 

そんな感じだけど。

 

先月、

僕の友達が亡くなりました。

 

最近はそんなに親しくしてはなかったけど、

一昨年の夏は、一緒に熱い夏を過ごした仲間。

たしかにあの時、

僕たちは、

すごく熱い時間を共有できてたと思う。

 だから、そこに関して、僕は後悔は無い。

 

もちろん、

もっと普通に長く生きていて欲しかったけど、

人の死はいつだれにもわからない。

 

だからこそ、

恥ずかしがってる場合じゃないんだ。

 

いつかでなく、今。

 

そう思ったら、

これ書いておかなきゃと思いました。

 

 

その3

『本体(魂)は、元々ひとつ』

 

これはまだ仮説で、

さいきんの他の体験と合わせての複合技なんだけど

 

もしかすると、

僕たちは

やっぱりそうか

元は一つだ!ということ。

 

これは、どういうことかというと

 

先月、熊本復興支援セミナーでの学び。

 

ペアを組んで、

『片方の意識が変わると、もう1人の意識も変化する。

それを身体の感覚が認知できる』

というのを何度も、何度も体験しました。

 

意識でもそうだし、身体を使っても同じく。

 

この学びと

 

『魂が本体』

 

を、合体させると、、、

 

『本体(魂)は、元々ひとつ』なのかももしれない

 

になるわけです。

 

なぜなら、別々のコップのお水があるとして、

片方に墨汁入れても、

もう片方は墨色にならない(変化しない)

 

でも、

片方が変化すると、

自動的にもう片方も変化してしまう。

 

ということは、

ほんとうは同じコップの中にいるのか?

もとは1つか?

 

それとも、

別々っぽいけど

インターネット的に

全世界がつかながってる。

 

そういう感じか?

 

と、思えてならないわけです。

 

これは、困ったことに、

誰とでもですよ。

 

親子、恋人だけでなく、

今、その辺を歩いている人、

見知らぬ外国人でもだれでも。

 

大好きなあの人も、

大嫌いなあの人もです。

 

だって、

近くの誰かが、イライラしてると、影響受けちゃうでしょう

ニコニコしてるだけで、こちらも気持ちいいでしょう。

 

親切にして、

喜ばれると自分も嬉しいでしょう。

 

ひどいことを誰かにしてしまった後、

1人になって落ち着いてから思いだして、

自分が傷ついたりすることもあるでしょう。

 

裁いて凹ましてやった相手を見て、

どこか晴れない自分の一部。

 

ぜんぜん本音で話すつもり無かったのに

向こうが、本音で話してくるから

こっちまで本音トークになってたり。

 

落ち着いた人が近くにいてくれるだけで自分もなんだか、

ゆったりリラックスできていたり。

 

これ、

精神つながってるってことじゃないかな。

 

もし、もし、それを受けれるならば

目の前の姿カタチ違うその人は、

一部、自分だよね。

 

それなら

こっちの自分を大事にしているように

 

目の前の姿カタチ違う自分も大事にしていこうという気になる。

 

その方がこっちの自分も嬉しいはずだ。

 

 

はい。

こんなちょっと、

精神世界大好きなの?って僕ですが、

ところがどっこい

腰、肩こり、膝の痛みとか、小顔、脂肪取りなど

現実の身体のケアが専門です。

 

 

5/29(月)

ルミエル2F

13:30~15:00

身体のセルフケアのプチ講習会やります。

こんな変な話はしませーん。

まじめにやります!

 

詳しくは↓

お待ちしてまーす。

www.facebook.com

 

病気・痛みは、『悪』なのか

結論。

『悪』ではない。

 

病気はツラいし、痛いのは嫌だし、できれば体験したくないです。

 

当然、僕も嫌です。ノーセンキュウー!

 

どう考えても、悪とまでは言わなくても、

人生には無い方がいい!

邪魔者な感じ。

 

でも、なんだか事情が違うようです。

 

『病気とは、言っても普通、病体とはいわないでしょう。

 病気とはね、気が病んでると書くでしょう。

 気。つまり、その人の内側の状態を、

 身体に症状として表現しているのだと思うの。』

f:id:amagiryu05:20170517223639j:plain

タッキー先生談
(内容違ってたらごめんなさい)

 

『だから、身体に今現れていることは、

 何を伝えようとしてあげているのか

 耳を傾け、

 身体に注意を向けてあげると、

 色々わかってきて、うまく回りだす、、、』

 

『けれども、

 伝えようとしている何かを見ようともせず、

 欲しい結果だけを得ようとすると、

 これでも、伝わらないならこうするか?

 

 と、また別の形で

 

 どちらかというと、よりツラい状態で

 からだちゃんは、表現してくれようとするわけ』

 タッキー先生談2

(内容違ってたらごめんなさい)

 

フムフム、なるほどね。

 

たしかにそうかもしれない。

 

 

『病気とは、病を通して気付きを得ること。』
(平野薫先生談)

とも教えていただきました。

 


痛みとは、基本的に危険を教えてくれるサイン。

 

 

 

たとえば、【無痛症】というのがあります。

これは、全身に痛みの感覚が無い という病気。

 

なので、

転んで骨が折れていようが、

内臓が深刻な状態になっていようが、

血がどんどん出ていようが

痛みのサインがないので

そのまま

平気で走ろうとしたり、活動を続けようとします。

 

そのため、若くして亡くなるケースもあるそうです。

 

 

ー今日のまとめー

【病気】【痛み】とは、

【不調】とか【痛い】とかを、

ツラいの段階を使い分けながら

 

おーい!このままではマズイよ!!

 

教えてくれている、ありがたーい存在、、、なのかも。

 

 

 

ー今日のボヤキー

(最近、野村克也ノムさん)本を読んで影響されてます)

 

僕はセルフケアアドバイザーとか書いてるけど

基本的には、『痛いー!!!ツラい―』とかいう方の

症状の緩和が出来てなんぼのお仕事。

 

痛みや症状を追ってはいけないのだけど、

まずはみんな楽になりたいですもんね。

それがないと、信頼はしてもらえません。

 

最近、以前よりは

ああ、なんとか良い経過、結果だな。よしよし。

なことも多くなったけど、

 

時々、全っ然、痛さ変わりません!減りません!

てこともあります。(まれにね)

 

こんな時、以前だと

『ひょー、まだまだヘボねー。勉強しないと。ごめんなさいね。一生勉強!!(T_T)』

これしか、なかったです。

 

それはたしかにそうなのですが、

今回の学びで

『根本的に身体が動かない事を求めている!

そのために、動けないように強い痛みを出し続けているのであれば

いくら身体を整えても痛みが減らないこともあるのではないか?』

 

と捉え、

『今は、静養が必要なんだと思います。』

 

そんな風にも、お伝えできるようにもなりました。

 

(だから、僕のせいじゃないんだよ!(心の声))

へぼ整体師の言い訳なのか。

 

そんなこんなも飲み込んで、日々これ精進。

 

 

えっーと、イベント告知です。

こんなの書いた後だと参加したくならないかもしれないけど

 

5/29(月)
天文館
トーーンショップ・ルミエル2F
13:30~15:00

今の僕で、お伝えできることは、

全部さらけ出してお伝えしたいと思っています。

ご参加表明、お待ちしています。

 

www.facebook.com

潜入捜査! 拡大を続ける【福祉フェスタ】というイベント

昨今、かごしま市内各所で

【福祉フェスタ】という、

あやしい謎のイベントが勢力を拡大していると聞きます。

 

 

からだ会議かごしまの担当者として、これは見過ごせません!

 

とつげき!隣のイベント捜査。

行ってまいりました。

 

テンテンテンテンテン、テンテンテン・・・・チュルルー、チュルルー、チュル!

(ミッションインポシブル風の音楽を頭に流しながら、お読みください)

 

捜査対象は、昨日の5/14 

鹿児島市谷山地区の

某平川町 某特別養護老人ホーム 旭ヶ丘園で開催された


【福祉フェスタ IN たにやま】

 

名前から想像するに、

一般向けに福祉関連のお仕事の紹介?

または福祉関連のお仕事の人が集うような

堅めのあつまりか?

と思いきや、、、

 

 

開始直後から、

祭りの始まりを告げる
ノリノリのジャンベ隊の演奏をぶっ放す!

 

 みなも、もう南国気分でノリノリ~

(ノリノリで証拠写真を撮り損ねました)

 

 

ノリノリ気分が落ち着いてきた頃合いをみて

f:id:amagiryu05:20170515134658j:plain

こども達のかっこいいダンス!

(写真だと伝わらないけど、結構キレキレ!)

 

保護者はモチロン、無関係の大人たちまで、洗脳状態!

アイドルのように写真を撮りまくる始末(僕も動画とりました)

 

 

 

f:id:amagiryu05:20170515134805j:plain

なんと看板犬の信之助まで

♡型に刈った毛メイクでお出迎え(メロメロ―♡かしこい犬だいすきー)

 

 

この時点で、

ほぼ全ての来場者、

そして僕も含むブース出展者の大半が

来てよかった~

となっちゃう仕掛けになっていました。

 

 

出展ブースは3つに分かれていて、

数もいっぱいありました。

 

販売系は、

自然農法野菜販売、たけのこご飯、カレー、コロッケ、から揚げ、手作りお菓子類のなどのイベント鉄板ものから、本や筆文字作品、ミニ観葉植物まで。

ワークショップ系は

竹笛・水鉄砲つくり、母の日ワークショップ、お抹茶教室、ダンボールハウス、お悩みカウンセリングとか。

 

体験系は、

介護相談、介護体験、施設紹介、

生活機能改善機器紹介、

遺品整理相談、などの

福祉ど真ん中もあるけど

 

 

JAF交通安全教室、

救護服&看護服の試着から


果ては、

前髪カット体験まで!


福祉と関係あるのか!と突っ込みたくなるものまで。

 

いちおう関係者に訊いてみたら、


広い意味で、

生活に関係するものは、全て福祉です!


とのこと。

ナルホド、太いお考え。

 

そのほかにも、施術系の体験ブースもいっぱいで、

ヘルスチェック

鍼灸体験

アロママッサージ

足の健康教室

浄化療法体験とか

 

 

僕は、潜入捜査とばれないように

お店のみんなと

揉まないツボ体験・セルフケア体験の

出展者ブースとして仕事のふりをしてきました。

f:id:amagiryu05:20170515145442j:plain

中村先生が経絡Mテストしてる

f:id:amagiryu05:20170515150042j:plain

 

 

 

 

f:id:amagiryu05:20170515145845j:plain

三福先生と 上山先生も

 

 

f:id:amagiryu05:20170515150112j:plain

僕は、腰の痛みのセルフケア指導したり。

 

でも、やっぱり

小顔ケアと脂肪取りケアの希望が多かったなー。

 

 

いろんなブースを多く回ると、

スタンプラリーになっていて、

抽選券がもらえる仕組みになってたので、

まんまとつられて、廻ってきました。



抽選券もらって抽選会場へ

f:id:amagiryu05:20170515154410j:plain

3DSが当たるのか? 

はたまた、新鮮お野菜が当たるのか?、、、


ハズレたー。

でも、ほんとうに大人向けにも、子供向けにも、気が配ってあるなー。

 

 

全てのイベント終わって、撤収してる時に、他のブースの方が、

『出展者なのに、自分たちが楽しいイベントだから、また参加しちゃうんだよねー』

と言ってました。


それが大事ですよね。 

 

次回は、6/25吉田町であるそうです。

僕は、出展しないけど。

 

ホントにその通り、いいイベントでした。

参考にします!

ありがとうございました。

いまが夢のド真ん中

 

『いまが、夢のド真ん中です』

 

日曜日、しょうぶ学園で、ドラゴンつよしさんの講演

【自分を生かす道を見つける方法】で、僕がいちばんドキンとした言葉です。

 

f:id:amagiryu05:20170509103645j:plain

 

日本中飛び回って、身体のセッションしたり、

セミナーされてるドラゴンつよしさん。

 

よく

「将来の夢ってなんですか?」

とか、

「目標やビジョンを教えて下さい」

と聞かれるそうです。

 

でも、

好きな場所で生きて、やりたいことで生きると決めてるドラゴンさん

いつも、やりたいことをやっているので、

夢・目標に対しての質問の答えは、

 

『いまが、夢のド真ん中です』

 

カッコいい、、、

 

「反対に、先のことを考えるの得意じゃないんですよ。

だから、適材適所で自分は今やりたいことをすると決めただけ」←これがポイント

 

「でも、そうすることで、不思議と自分では想像もできない

良いご縁がつながっていってる」

と話されてました。

 

 

この夢、目標に対しての質問、、、

 

さっと答えられる人もいれば、

 

うーん

それが分からない、決められない方もいます。

 

実は、僕も後者の方だったりして、

さっと答えられる人になりたい

と憧れてる自分がいました。

 

でも、未来のビジョンが浮かんだり、

ビシッと決まる時は

それに向かって行動するは勿論いいけど、

無い時は、ないもんね。

 

そんな時は、今。

未来でなく、今。

 

今の自分を感じれないのに、未来を感じれるか?

今の自分はどうしたいか?

何を感じているのか?

とにかく今。

むしろ、今しかない。

 

過去は、脳の記憶の産物

未来も、脳の創造の産物

 

実際は今しかないんだよね。

 

 

 

イベントも終わり、空港まで送る車の中で、こんな話もしてくれました。

 

「例えば、今、車で走ってるでしょ。

これ、自分が運転して進んでるというのが普通なんだけど、

ある時にね、まったく逆の感覚がしたんだ。

 

自分は止まっていて、ずっとそこにいるだけなんだけど、

まわりがぜーんぶ動いて、自分を通り過ぎていっているような、、、

 

自分はその変化を受け止めてるだけ。

 

そう思ったら、

自分が ”1” 動くことなんかより、

見えないところも含めて、全部まわりが動いていることの方が

何倍、何百倍すごいことかと。

 

それこそ、想像なんてできるはずもない。

 

じゃあ、それを全部受けとめていけばいいんだ」と。

 

ドラゴンつよしさん

ブレない、受けとめ力の理由のひとつを教えてもらえました。

四季で感じる身体の変化 ~春~

冬から春にかけて、右の腰のが痛い人が多かったような印象です。

 

これは、肝臓がいっぱい働いて、少しくたびれるため。

 

なんでかって言うと、

 

冬、寒い時期を乗り越えるため、

 

身体は勝手に、糖や脂肪を蓄えようとします。

凍えないように。

 

年末年始で、忘年会や、新年会が多いためではないです。

 

植物だってそうです。

 

寒くなってくると、凍らないように自身の糖を高めるから、甘くなります。

 

で、その蓄えた、糖や脂肪が、暖かくなってくると不要になり、

 

次に来る熱い夏の為に、せっせと分解していきます。

 

だから、暖かくなると自然と痩せやすくなりますね。

 

なので、冬に脂肪をつけすぎていたりすると、

 

春に腰が、特に右側の腰が痛い人が多いのだと思います。

(肝臓は右よりにあるから)

 

そんな時は、右足の太ももの真ん中あたりを

 

手や肘を使って、優しくでも、グイグイと、

骨と筋肉の隙間に押し込むようにして緩めていきます。

すると、だいぶ腰の痛みが和らいできますよ。

 

えええ?あああ?

今日から立夏????

 

はやくね!

そういえば、熱くなってきました。

 

明日は、じゃあ夏編しようかな。

1ヶ月で10日間、いろんなセミナーや勉強会に出まっくて、やっと分かったこと。

大事なことなので3つにまとめました!

 

まず

【自分の〇〇が変わった瞬間、相手の〇〇が変わる】f:id:amagiryu05:20170504211341j:plain

 

究極、まとめると、これかな。

 

〇〇には、ナニ入れてもいい。

動き、意識、顔(表情)、こえ、感情、位置、エネルギー

問いかけ、態度、感覚、感度、周波数、自尊心、勇気ある行動

とか。

 

あー、文章にすると、普通だなー。

 

ふつうは不通に通ずるから、伝わんないかなー。

 

でも大事なことなのでもう一度。

 

【自分の〇〇が変わった瞬間、相手の〇〇が変わる】

 f:id:amagiryu05:20170504212214j:plain

あー、文だとなんだか当たり前。

これ、知りたい人には、ぜひ体感でお伝えしたいです。(僕は龍笛吹けません)

 

 

伝わんない。だから2つ目。

4月の30日間で、10日間いろんなセミナーや勉強会、講演会出て、

あらためて、学んできて、伝えたいことは。

 

②【何かを學ぶのは、直接がいちばん!】

 

そうじゃなきゃ、やっぱり伝わんない。

経験値上がりません。

 

文章読むのも、DVD観るのも、

1つの経験といえば、経験。

 f:id:amagiryu05:20170504211447j:plain

だけど、その本を書いた著者の声で聴くのとは、

講師のエネルギー感じるのとでは全然違う。

 

で、オチなんですけど

③【天城流湯治法やっぱりすごかった】

 

f:id:amagiryu05:20170504212021j:plain

いろんな大先生達から、

刺激と学びとエッセンス体感して、

本当に驚きや発見、初めて知った!!

ということ満載だった、この4月。

 

f:id:amagiryu05:20170504211914j:plain

世の中すごい、大先生、講師だらけです。

人の身体なんか、1瞬で変化させて、良くしちゃう先生ばっかり。

 

石投げれば、そんな先生にあたるんじゃないか?

世の中には、健康ヲタクの大先生しかいないんじゃないか?

とか、思うくらいですよ。

未来は明るいです。

どこかに、自分に合う先生がいると思います。

 

で、だからこそもう一度、判った。

天城流湯治法の奥深さ。

 

 

今日教えてもらった、あれって、、、

天城流ではこんな表現してて

全然使い方ちがうけど、こういうことだったのね!

違う角度からの再発見とか。

 

で、僕のこれからの課題は、天城流湯治法を学び、実践しつつ、

他の先生方の学びも取り入れ、楽しく融合さす!!になりました。

 

 

で、もらった良いエネルギーは循環させないといけません。

 

このいいタイミングでイベントあります。

 

今週末5月7日日曜日に、

アニキーズ WITH 【D】(ドラゴン)な

天城流湯治法大好きっこ3人組のファーストイベントあります。

 

 

www.facebook.com

なぜか僕が写真、真ん中入ってるけど、

今回は鹿児島初のドラゴンつよし先生をメインのイベントです。

 

同時に、最近、全国紙に毎月特集とか掲載されてる平野薫医師のお話や、

手ほどきも受けれるかも(^^)/

 

会場では、昨日錬堂先生がFACEBOOKで上げてた、出来たての

天城流湯治法【エマジェンシー・エクササイズ】の小冊子も

1冊500円で販売できると思います。

 

僕の学んできたばかりのホットなパクリ情報も、

さも、自分のお手柄のように


いや、僕の言葉に代えて

お伝えできるかもしれません(^^)/

お楽しみに。

www.facebook.com

情熱ある先生達に、1ヶ月で60人以上に出会ってしまったら。

4月はずーっと、学び月間でした。

文字通り、毎週、多い週は週の半分以上、セミナー、勉強会で、

書いてみると、4月の勉強会だけで、

 

錬堂師匠の鹿児島指導者育成会、

マクロ料理でまり子先生、

霧島の唐津先生、

佐々木先生の頭蓋セミナー、

松本先生の難治腰痛セミナー、

下野院長の按腹勉強会、

熊本復興セミナーでは内司先生の初記憶セミナーに始まり、

疋田先生の手セミナー、

横井先生のはがきセミナー、

松本先生アングルセミナー、

掘DCは4DS超えて5DSなってるし、

山本先生のからだの連動、

阿久津先生には温活に泣かされ、

加藤先生の竜笛、

中里先生のパニックセミナー、

川田先生はパンダテクニック、他の先生方にも、

つどつど助言をいただき感謝でした。


さすがに、そこまで、すごい先生方に一気に学びを頂く機会があって、やっと体感しました。

 

これだけすごい手技療法と健康を願う先生がたくさんいたとしても、日本全体にはまだまだ足りない。

世の中全体の人には出会えないのだ。

 

以前なら、どこか消極的な自分がいて、これだけすごい先生達がいるのに自分なんかが、出しゃばって、、はずかしか。

 

と、いつもどこかで思っていた。自信もなかった。

 

そんな自分が、

たったひと月で30名40名50名以上のすごい先生達から大小学んで、

これでもかこれでもかと情熱と知識と技術を持ちあわせた先輩方に引き合わせていただき、

更にギャフンギャフンとなって、

思い上がってた自分と、反対に自信の無い自分が

陰極まって、陽になった。

陽も極まって陰になった。

 

エネルギーがグルグル回り出した。

 

このすごか先生達でも、からだは1つしかない。

会えない人はまだまだたくさんいる。

 

今後、僕とのご縁の方達に、自分のそのとき持っている健康のためのすべてを手渡ししていこう。

エネルギーを渡していこう。