読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腰痛に悩む人のための腰痛セルフケアアドバイザー城井のブログ@鹿児島

自分の腰痛解消のために学んだ試したアレコレ備忘録。

理解するまで繰り返されるメッセージ

去年の『からだ会議かごしま』で、

錬堂先生が16回

平野先生が1回

臨死体験したことにより、『命の大切さ』にやっと気付けた。

 

錬堂先生は、気付くまでに16回かかった!

「16回って、すごいねって、褒められてるのオレ?」(笑

 

みたいなくだりがあって、会場がえらい盛り上がりました。

 

 

最近というか、ここ2年くらい

僕も、繰り返し繰り返し同じメッセージにあたります。

 

 

それは、

「結果を先に決めて(確信して)、行動を続けると、限りなくそれに近づく結果になる。というかほぼなる。」

「だから、先に結果を決めなさい!」というメッセージ

 

これ当たり前といえば、あたりまえ。

でも、体感、実感、活用してるかは別。

 

 

例えば、施術でも

「良くなる結果がありありと、確信できたら、たいがいそうなる」

 

準備不足や勉強不足など良い結果のイメージができてないとそうなる。

 

ちなみに、

受ける側が

治せるものなら、治してみろ!

ていうなぜか挑戦的心理だと、変化は出せても、なかなかうまくいきません。

(変化出ても受け入れないしね)

師匠たちは、それをもひっくり返してしまったりしますけど。

 

伝えたいメッセージはだいたい、マイナス現象として現れるそうですよ。

身体の痛みもそう。

人間関係もそう。

 

その結果を通して、なぜに?そうなっているのか掘り下げれると、

学びになります。

成長になります。

 

気付けないと、またやってきます。

錬堂師匠のように16回死にかけるまで。

 

 

ところで、

僕も、小学校1年生の時に、臨死体験幽体離脱?)してたことに、

先週、気づきました。

35年以上経って今頃。

 

これに今頃気付いたメッセージはなんだろう?(命の大切さ?)

うーんそれは、そうだけど

メッセージとしては違う気がします。

うわー、気付けないとまた、臨死するかも!気付け!オレ!コエ――ー

 

F先生との飲み会は、いつもなんか不思議がおきるわー。

 

 

明日3/21は、天城流湯治法セルフケアセミナーします。

13:30~15:00

おひとり3500円

場所:ルミエル2F  鹿児島市鹿児島市東千石町17-3

膝の痛み・腰の痛みを自分でメンテナンスできる方法をお伝えします。

おまちしてます。

定員8名

まだ入れます!

お申込みは

天城流湯治法セルフケア(3/21)

または、

090-5291-1088(シロイ)まで